2017年2月4日土曜日

SNSで元気なのはちょっと考えものなのかな?

最近でもないんですが、自分の過去のSNSでの投稿とかみてみると投稿が多すぎる時は大体体調が悪い時だったりして、SNSで元気だったりするのは良い傾向じゃないなと思うことが多くなりました。

試しに、最近フォローしてみた人も見たんですがメールの返信は遅いのにTwitterに夢中になっているという感じで、待たせているけれどといった感じでしょうかね。
こういうことをTwitterで発言しないのは、フォロワーの数や影響力(Twitter内での)はあっちのほうが上なので、巻かれることがわかっているからなんですよね。面倒くさいなぁと。

そこらへんの大学の大学生だと思うので、就活で苦労するパターンなのかなーと思っています。いや、苦労してもらわないとその先危ういので困るパターンですね。

なんというか、オフラインで最初に会った時はバイト先で注意されまくっていて「大丈夫かな?」と思ったんですが、案の定Twitterでは元気だったので、がっかりしたのも事実でした。
発言の内容自体も障害者を煽ったりしている発言もあって、なんというかわかってないなぁと。学生ならばTwitterの片手間に講義を受けたりするんじゃなくて、教科書を開いて欲しいんですけども、そういうのは東大生くらいにしか言っても聞かないこと、ともとある人に聞いています。

今は他人を叩いているのが楽しいのかもしれませんが、そのうち叩かれる側になることとか考えているんだろうか、とふと考えたりもしました。そこまで先のことは見えてないので勉強もせずにTwitterに夢中になっているんでしょうけれども。

総合するとTwitterに夢中になってるのっていうのはいいことじゃないんだなぁという結論が出てきます。これは例外はほとんどありません。

Facebookで綺麗な顔をしている人が「あいつは大学を中退したクズ野郎だ」みたいな感じでTwitterで私のことを発言をしているのは見てきました。その人には恩があるので悪いことは言わないつもりではいますが、なんというか昨今SNSを使い分けてる人でそうじゃない人っていないんですよね。
別の人とはFacebookだけで繋がっていますが、Twitterで悪いことも言われている時もあるかもしれないなぁとぼんやり思うこともあります。

かといってTwitterをやめると周りに心配されるし、辞めきれないこともあって、難しいですし、面倒くさい世の中になったなぁとつくづく思います。

ということでブログを更新することにしました。ここら辺で三ヶ月くらい毎日更新が続いていますね。毎日楽しんでくださっていれば何よりです。

Facebookで元気な人って大抵周りからフォローを外されていて見られていないので、そもそもカウントしないことも多いのです。
インターネット、というかTwitterも無視できない時代になってきて、面倒くさい一方だなぁと思っています。

まぁ、でもTwitterから得られる娯楽とかもあるとは思うので、そこは道具をどう使うかっていう話しなんでしょうね。
Twitterで流れてきた話しですが、「偏差値40以下のバカが普通だと思え」っていうのは、なんだか納得だなぁと。

見ていると「障害を持っているから普通に人と接することができない」とかあってはならない発言を匿名性の高いアカウントでぶつけてくる人もいましたし、「ポエムなんかつぶやいてないで働け!」と障害を持って苦労している人を煽っている人も見てきました。どちらももちろんいい思いはしていませんし、「こういう人たちってロクな最期を迎えないだろうなぁ。」と心の中で思っているのが事実です。

先の大学生だとADHDをもじって遊んでいたりするので、人間性を疑いましたね。なんというか病気で苦労している人をなじっている人にはロクな人がいないなぁと本当に思います。
まぁ、Twitterはよくできたバカ発見器だとも言いますから、自分がそうならないように、戒めるくらいしかできることはありません。こちらから期待をかけて言葉をかけても、あちらは変わる気配はなさそうですからね。
そういえばいたなぁ、30歳も近いのに「いずれは規模を大きくして音楽でメシを」とか言ってる人も、と。

春も近いので大きなことを言ってバカにされるまでがテンプレートかもしれませんね。バカにされるのが嫌で声にださないようでは、形にすらならないと思っていますが。

刺々しい内容ですいませんでした。かなりイライラしているみたいなので、Twitterは開かないようにしておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿