2017年2月20日月曜日

たくさん本を読む

2005年に入学した時に先生からいただいたお言葉がFacebookから出てきました。

「できるだけたくさん、闇雲に本を読んでください。そのとき役に立つかどうかだけでなく、おもしろいかどうかを大事にする。「自信がない。」などと言わない。「自信」なんていうのは単なる非現実的な防衛なんで、ないのがあたりまえ。なくてもとりあえずやってみることが何かを生む。人から聞いたことは、とりあえず疑う。」

確か藤山先生だったかな、これおっしゃったの。いい言葉ですよね。面白いかどうかを大事にするっていう視点も楽しいです。とりあえずやってみることが何かを産むっていうのも面白いです。
闇雲にたくさん本を読むっていうのは、難しいことですよね。でも学生には必要なことです。社会人になってもするべきことでしょうね。

私は厚くて難しい本ばかり読んでいる傾向があるので、もうちょっと手軽な本にもチャレンジしたいと思っています。
たくさん本の読める日本は幸せな国です。

0 件のコメント:

コメントを投稿