2016年11月26日土曜日

阿部真理子臨床心理オフィス

阿部真理子臨床心理オフィス


大学生の頃に講義の一貫でお伺いした臨床心理士さんのホームページを眺めていました。
心理臨床というと"ココロ"を病んだそっち系の人たちが行くところと思われるかもしれませんが、そうではありません。

人は生きていると必ず壁にぶち当たるものです。そういった時に友達が支えになれない場面も多々あるもの。
SNSを例にとると、あまりに親密な関係で築けているだけに相談できないケースもあると思います。友達がいないから相談できないのではないのです。友達とは別の相談役が必要な場面があるということです。


マズローという心理学者が掲げた人生の欲求階層説というのがあります。あくまで仮説ですので、必ずそうなるわけではありません。


「マズローの欲求階層説を知ったところでどうなるの?」を考える。(2)

最後に掲げられる欲求が自己実現、なんですよね、これ。
何をしたいか、ということは定期的にメスを入れる必要のあることだと私は思っているんですが、なんというか、そういう時って本当に悩むものです。
何をしたいかを考える時はどうしたいのか、と、自分を受け入れて考えてみるのも良いかもしれません。


日々勉強ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿