2016年4月30日土曜日

FacebookとITパスポートの話題

Facebookが結婚報告所の次は育児日記になっていって、つらいです。つらみしかありません。うれしくなんて、ないんだ。幸せひけらかして彼らは幸せなんだろうか。

とか考えてしまうひねくれものです。やぁ。みんな。
twitterには現実が転がっていて楽しいですね。Facebookはあまり面白くありませんね。先の事情もありまして。SNSに子供の顔写真とか載せてる人が信じられないマンです。
まぁ、あれです、親類含めて結婚式に呼ばれたためしのない人望のない人物のいうことなんで気にせずゴミの日にでもぽいっと捨てちゃってくださいね。

さて、そんなわけでゴールデンウィークですね。世間は超会議らしいですが、私の実家は田植えです。まさに新緑の季節って感じですな。

あ、今パソコンのキーボードが打ちにくかったので変えてみたんですが、HHKBが懐かしい昨今です。いつか刻印有りを買うんだ!と意気込んだものの買いませんね。結局wまぁ、最近パソコンに触れている時間が少すくないという説もあるので、仕方ありません。

最近は地元のIT系の企業の社長さんのアドバイスを元にAppleのキーボードを使ってます。結構確かにコストパフォーマンスはいいのかもしれませんね。最新型のものはわかりませんが。私が使っているのは有線のモデルです。US配列、ですね。

今はあまりお仕事してないシーズンなので、勉強で幅を広げようとITパスポートの資格をとることにしました。あれって要は昔のシスアドなんですね。本一冊読めば受かりそうなのでそのまま応用技術者試験までとってしまおうかなと。
今のメシには困っているわけではないので、(いや、親に家にお金入れろとか脅迫はされてますがw)10年後のメシの心配をしています。就活とか真面目にやらなかったツケですかねー、この辺は。
とはいえ、世間的な就活の有り方がよくわからず。合同説明会とか見ているだけで吐き気がしたので、私にはきっと向いてない道なんだなと思うことにしました。

大学では心理学を専攻していましたが、もっぱら理的なほうに長けているのか、そちらの方面でせめたほうが面白いものを残せそうです。なんで文系だったのか、今でも謎です。どこからどうみても情報系ですね。よく知人につっこまれますw

2016年4月28日木曜日

諏訪東京理科大学

諏訪東京理科大学が公立化するらしいです。なんでも定員割れが続いてるとのこと。

東京理科大学というと、どうしても東京にあるイメージですよね。そして多分そのくらいの偏差値の能力のある人は都会暮らしにあこがれている層だとも思います。
早稲田、慶応、上智を略して、早慶上智といったりもするそうですが、何故かあまり話題に上らないのが東京理科大学だったり。
受験の先生に聞いてみたら、どれだけ英語ができるかで理科大か上智か決まるそうですね。で、上智に軍配のあがるのが現実らしいです。

上智はもっともけられやすい大学ですが、オープンキャンパスでも人は増えていまして、社長やら役員と、有名人も増えているので、ブランドとしてはしっかりしてますね。個人的な主観だと早稲田と慶応はコネクションなイメージです。

という点を加味しても、学費が安いからという理由で諏訪東京理科大学にいくメリットはなさそうです。どこの大学?そこ?って言われちゃいそう。

現実は厳しいなぁーとぼんやり思うのでした。

2016年4月26日火曜日

ラーニングプラン

昨日は早稲田大学ご出身の方とお茶をして、いろいろと教わってきました。

Microsoft Virtual Academy

こういったサイトで無料で勉強できるいい時代になりましたね。
手に職をつけるという意味で、パソコンはいい環境が整います。幸い今の飯に困っているわけではないので、一年くらいかけてゆっくり勉強しようと思います。
ライフプランの次はラーニングプランです。プランを練って勉強していくことは非常に大事だと感じました。まぁ、何事も変わりませんね。

東京でやっても地元でやっても変わらないということは上海でやっても日本でやっても変わらないということです。そこで差はつかない、国際競争になります。生き残っていけるのか!?こうご期待w

2016年4月24日日曜日

feather of brave

2000年前後、でしたでしょうか。私が受験に失敗した時にやりこんでいたゲームがいくつかありました。
もちろんそんな時はお金の余裕なんかないので、パソコンでフリーのゲームで遊んでいました。今日紹介するのもそんなところから。

FEATHER OF BRAVE

このサイト、一時期消えてた気がしましたけど、復活したんですね、めっちゃうれしいです。
「セルフィ」っていうヒロインがいるんですけど無駄に会話できます。いや、よく作ったもんだなぁと。
シナリオの方向性としては王道的な章立て形式です。まだ続くらしい、っていうか続きが凄く気になってる感じですw

なんでも人間関係のいざこざがあって、制作に支障がでていたとのこと。創作に集中できる環境が整うことを祈っています。完成待ってます。

2016年4月22日金曜日

ゲームと音楽が別々のものであった頃のはなし

かつてこんな時代がありました。ゲームと音楽が別々のものであった頃のはなし。

ゲーム音楽というジャンルのようなものが存在しておらず、音も機械的で「人の心」のようなものが感じられないとされていた時代。ファミコンは三音です。音楽的に豊かな音ではないことはすぎやまこういち先生がよくおっしゃっていることですね。
時代が変わって、ゲーム音楽を芸術に高めようというような風潮がありました。私も波のトップにいた人間ではあります。

前置きはこの辺にしますが、仕事というのは世のため人のため地域のためにするものであって、決して人を不幸にするためにやるものではないと思っています。
ところが世間の方は違うようで。
「ゲームは人をダメにする」とはよくいったものですが、あながち間違っていないのかもしれません。

例にゲームが大好きで、深夜アニメとtwitterをだらだらみているような層はやるべきことが何かすらわかっておらず、人生に夢も目標もないようです。私とは別の人種。
40代でゲームが好きというのは、ある種、的を射ているようにも思います。

私もそろそろ30になるのでけじめはしっかりとつけて、取捨選択をしようと思いました。なんかばらばらで、まとまりのない文章ですいません。

twitterで不用意にいろんな人を傷つけ続けるのはいやなのでブログを書くことにしました。叩く人は叩くんでしょうけれど、気にしない方針で。そもそもそういう人たちが見ないブログであることを祈ります。

ではでは。

rana

2016年4月16日土曜日

SURFACE RTの使い道を考える

SURFACE RT 64GB購入しました。いろいろと調べて回った結果報告。

Jailbreak系の話は相変わらずのいたちごっこのようですが、現時点でも通常のWindowsアプリを動かしている人は(たまーにですがw)いるみたいです。
で、私はあまり法的に問題のありそうなことには触れたくないので、今回は特にはそういうことはしない方針で。調べるだけにとどめました。

基本的にはセキュアブートも規制がかかっているので、Linuxも外部から動かすこともできません。一部動かしていらっしゃる方もいますが、ネットがないと動かないのであまり層的に意味がないかもしれないです。
私はWebサービスの利用でwifiを使って仕事をうまく効率化するようにしましたが、やっぱり買うべきはSURFACE PROそして、SurfaceBookですね。慣れるまでのつなぎとします。

今驚いたのがApple純正のKeyboard配列でCommandとSpaceキーでかな、英語の切り替えができること。Microsoft一強時代はくるで。

2016年4月12日火曜日

芸術としてのゲーム音楽に求められること

先日題名のない音楽会をみて思ったこと。

以前から植松伸夫さん(代表作はファイナル・ファンタジー)が「みんなで演奏できる音楽」としてゲーム音楽をご紹介なさっていますよね。先日のシエナ・ウインド・オーケストラの演奏でもティンパニー奏者の荻原(はぎわらではないです。)さんがモーグルにふんしてボディーパーカッションを披露なさっていて、どこか学生時代を思い出す光景でした。

私が高校三年生の時のゲストがティンパニー奏者の荻原さんでした。(先生っていうのはやめてくださいね。っていわれちゃうのでさん付けで)その時もボディーパーカッションをやりましたね。あれ、地味に内出血して練習があまりできないっていう問題点もあります。女性だと特に大変ですね。

ゲーム音楽が一部の内向的で社会性のない人たちの音楽だと思われないためのプロモーションだと思いました。「音楽ってみんなでやるものでしょ?」っていうのが植松さんの主張だと感じています。

私のオリジナル楽曲はよく初心者の曲と間違われることが多いのですが、意識してやってます。「誰にもかけない名曲」ですげー!って言われるのではなく、誰もが作れるメロディーでみんなで楽しめる音楽。それが私の作曲のモットーです。だからコード進行も変な転調はあまりしないのです。

わかりにくいことをわざわざわかりにくく伝える必要はないと感じています。大事なのはわかりにくいこと、伝わりにくいことをわかりやすく知ってもらうこと。これにつきるのではないでしょうか。

周りが意味不明に難しくしたり、早引きに傾倒していく中で私が貫いているのがそういったメロディーだったりします。



やっぱりメロディーにはこだわりたいなぁって松前真奈美さんのMighty No.9のテーマを公式サイトで聞いて思うのでした。

2016年4月6日水曜日

お花見で思い出したこと

今日は松本城とあがたの森の桜を見に行ってきました。絶好のお花見日和でした。明日にはちってしまうらしいです。

私が、お花見で思い出したこと…というより忘れられないことがあるんですが。
私って実は高校受験を失敗していて、二次の書類審査ですべりこむ形で今の母校に入りました。浪人はしていないのですが、中学生の時にあまりに勉強しなさすぎた結果がこれだよ!という感じでしたね。

で、一人傷ついているところを迎えてくれたのがあがたの森の桜でした。なんだか、切ないような、悲しいような、どこか心がざわざわする感覚が私にとっての春や桜だと気づいたらなんだかあまり見ていたくない気もしてきました。普通の人はそんな悲しい思いと桜を交えることはないんだと思います。

その後、高校受験の失敗をバネに、大学受験は頑張って結果を出せたのでよかったのですが、多感な時期にあったことというのは忘れられないものです。
春や秋はどうしても苦手です。情緒が不安定になりやすくて。

初夏と冬が好きなのではやく季節が廻らないかななんて思っています。
昔、エビを食べることができないと知人にいったら「人生の半分くらい損してるよ!」って言われたことがありますが、それに近いのかもしれないですね。

まぁ、春に感じる魅力は人それぞれということで。

2016年4月4日月曜日

処分するCDたち

手元にあるCDを一掃することにしました。レアなものもあるので、欲しい人は一声かけてちょ。


同人
collette(ボーカロイド)
Knights in Gale(ロマサガ非戦闘アレンジCD)
あのKによろしく(リトバスアレンジCD)
東方NEWWAVE(黒歴史系東方アレンジ)
G5 2007(オリジナル、盤面割れてます)
G5 2010(オリジナル、盤面正常です。)
ざわめく一日(光収容さん、リトバスアレンジ)
LOVE add9(ラブプラスのアレンジ)
music+(Ysさんとこのラブプラスアレンジ)
東方萃翠酒酔(実は先輩がいたりいなかったり、東方アレンジ)
CrossGear(東方遊宴祭)((懐かしめの東方アレンジ))

2016年4月4日整理

コンポジット(赤白黄)のファミコンを作る。

兼ねてより、知人からファミコンタイトラーを譲りうけ、挙句の果てにはSHARP C1をてにいれた私が何故ファミコンをコンポジット化しようと思ったのかには理由があります。

現時点(西暦2016年)で最もファミコンの意図した美しさが表現されているのがSHARP C1です。ファミコンテレビともいいますね。何故C1の発色が美しいのか。
一部のメーカーを除き、どのメーカーもこのファミコンテレビC1向けに調整されたものが一般的に多かったからです。つまりはC1の出力が意図したカセットがほとんどということですね。
それで、カセットにはC1では遊べませんって書かれてるのがあったりします。こちらは現時点だとファミコンタイトラー(編集ファミコン)がS端子を初期搭載しているので、うつくしく出ます。

とはいえ、SHARP C1も決して音的なリッチな音が鳴るわけではなく、むしろモノラルのゲームによっては音の割れる(それが味という説もありますが)という状態ですので、コンポジット改造は結構興味をそそられる話題なのです。一回自作してみたいなぁと。

元々は適当に観賞用に使ってくれと送ったファミコンがオブジェクトとして完璧すぎてこんな感じに使われていました。

Your Favorite Song

ファミコンずるい!wということでニューファミコンも送ったんですが、やっぱりコンポジットで普段周りのミュージシャン仲間にも遊んでもらうように改造したほうが使ってもらえるんじゃないかとおもったことと、これは初期ロットなので不具合も多く、TNS-HFC5という自主制作ハードウェアで一発で鳴らないこともあって、一回は調整させてほしかった本音もありました。次回こそは、と思っていたんですよね。

時は残念な形でやってきました。

彼が新しく買ったゼルダのバックと一緒に機材が盗難にあったそうです。お金は払うのでできればまた送ってくれないかとのこと。快諾して、今回のコンポジット改造にとりかかろうとしています。
アーティストに送るファミコンなので、RCA端子が左側に欲しくて、自分好みのカスタマイズをしようとすると四万くらいお金をだすならださないといけません。ちょっと高い上に思ったものが届かない可能性が高いので自作することにしました。

TNS-HFC5のカセット加工は別の知人にお願いしてあります。これらを総合してつぎはもっといいもの、完璧なものを送ってみようと思います。

ググれば記事はいくつかありますが、私のサンプルもひとつネットに残しておきたいと思います。純粋にやってるひとが少ないのもありますがねw


注意点としてはコンポジット改造を施したファミコンではTNS-HFX4などをつかったファミコン拡張音源を多様したような音楽は正常には再生できませんのでご注意を。バンクの位置とかとりあいしてうまくいかないようです。

2016年4月2日土曜日

ライフプランを練る

どうも、俺です。

東京でお世話になってる企業の社長さんに言われてライフプランを練ることにしました。短期的な視野は持てているので、長期的な人生計画をもったほうがいいだろうとのこと。
さっきやってるゲームのセーブをしたら一週間あっという間に過ぎてました。こうやってダラダラ過ごして音楽をやるのは、人生の過ごし方でも一番よくない部類に入ると感じています。

ライフプランって言われた時に、漠然とアメリカに行きたいなーと以前から言っていたのを思い出しました。これはでも十年計画ですね。
十年後がそこにあるとして、五年後はどうなっているのか、三年後は?一年後は?半年先は?と考えてみました。

となると、音楽で生計を立てるってことにぴんとこなかったのですよね。困ったことに。
ある程度の成果がいったんでてしまったので、ライスワーク(ご飯を食べるお仕事)として音楽を選択する必要もないだろうと。

で、夢ってなんだろう?って考えてみたんです。
そしたらひとつ浮かび上がってきた筋がありました。それが臨床心理士のお仕事。
兼ねてより、自分自身が治療をしているので、道としては選ぶまいと思っていたんですが、医者みたいなことはよくいいますし、先生も向いてると言われたことがあります。多分芸術家肌なんだと思うので、そっちのアート寄りなお仕事もいいのかなーなんて思ってます。

何より、地元も精神医療は遅れてまして。最先端の医療が必ずしもいいわけではないのですが、臨床心理士の芽は育てたいと考えています。
なんで松本にそういうサービスないのかなーって思ったら私が異端なだけでしたね。そもそも、上智の心理とか普通は受からないことを忘れていました。

ここから先は周りに流されて結婚して出産して(以下略みたいな人生を送ってると後で後悔しそうなので、明確な目標をたてて、それに沿っていきていこうと思います。
目下、やらないといけないのは英語の勉強ですね。それがいま「やるべき」こと。

とかとか、そんなことを考えている昨今でした。光陰矢のごとしですね。本当に。