2016年3月2日水曜日

Appleの純正キーボードを買ってみた。

買ってみました。Appleの純正キーボード。一昔前の有線タイプのものです。

US配列のキーボードが欲しくて探していたのですが、どれも高くて手が出ない状態でした。知人の勧めでコストパフォーマンスの点からAppleの純正キーボードに目がいきまして、お値段もよろしかったので新品で購入してきました。今回は無線ではなく有線タイプのキーボードで、ポートがついているのでマウスなどもつなげてよい感じです。テンキーもついています。

新しいMagic Keyboardは若干の評判の悪さと実際の自分での店頭でのうちにくさの体感から候補からはずしました。無線のUSキーボードでも良かったのですが、電池の交換が億劫なので敢えて有線をチョイス。結構いい感じで使えています。

AppleKというソフトウェアを使い、WindowsなはずなのにMacを使っているかのようにキーボードを使っています。Adobe製品もMac用のリファレンスが多いため、重宝しているソフトのひとつです。結構安価でよいソフトですね。企業の理念も面白くておすすめです。

ちょっと持ち運ぶには大きい気もしますが、まぁ愛嬌でカバーです。将来的にはMacに移行したいと考えていますが、今のジャンル的にはWindowsがどうしても手放せないのでこの環境が理想な状態かもしれません。
HHKBは無刻印がMMLに向いていないと感じたので売りました。刻印ありがいつか欲しいですが、高いので手に入れられないまま終わりそうですね。最高のキーボードでした。

マウスはELECOM社の安いマウスが昔からのお気に入りなのでそれを使おうかなと思います。環境を整えるのは大事ですね。モチベーションにもつながりますし。キーボードのうちやすさは特に大事なポイントな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿