2016年1月12日火曜日

ワンダースワン実機環境を整える。

地元の新聞に「レトロゲームください!」したらわんさかいただいて嬉しい昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

最近ワンダースワンにはまってまして、FF4をやっています。ワンダースワンというとアークザラッドとかも出ていますよね。FF3が出てないんでしたっけ。
ということで、実機で自作の曲を鳴らす環境を考えていこうと思っていた時に出会った?のがこれ。

ワンダースワンエミュレータ用の曲データを、WTDで作る方法について

WTDというMMLコンパイラーがありまして、nsd.libのS.W.さんが作っていらしたそうです。nsd.libは最近ファミコンのコンパイラーとしての地位が高くなってきていますよね。
ワンダースワン自体はファミコンと比べると「左右に音が振れていんじゃね?」くらいのイメージしか現時点ではないのですが、これ、Windows32bitまでなんですよね、対応が。

私は普段Arch linuxをメインで使っていますので、なんとかして自分の環境で鳴らせないものかなぁと思っています。
前からやりたいなぁと思っていたツール自作に手を出そうかなと。とはいえ、プログラミングとかちんぷんかんぷんですから、どこからやったらいいのかわかりません。

最近Unityの勉強をしていまして、そこでC#をやっています。
C#というと昔独習C#を買った記憶のある私です。結局ほとんど読まずに終わりましたがw

これもやりたいことリストに追加しておこうと思います。普段がファミコンばっかりなので、ちょっと疲れを感じていまして、SPC(SFCの音源拡張子です。)の勉強もしています。まぁ楽しいことには変わりはないんですがねw

というわけで、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿