2015年12月29日火曜日

死ぬ夢

今日は死ぬ夢しか見ませんでしたねー。なんでもググってみると死ぬ夢って変化の兆しのいい夢の暗示だそうですね。よくは知りませんがw

SNSと距離を取ると楽です。ブログでひたすら発信し続けるスタイルも良さそうと思っています。
さて、昨日公開しましたが、スーパーファミコンのゲーム、「スーパーワギャンランド」のアレンジです。


結構好評みたい?ですね。良かったです。今年の書き納めになります。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

いろいろと問題は抱えてる現状なんですが、なんとかなるでしょう、きっとね、多分。音楽に関しては当初の予定通り、細く長く続けていきます。

2016年はいい年になるといいなぁ。。。

twitterとFacebookとか

昔、業界の偉い人に言われたことなんですが、私はSNSに向いてないそうです。自分でもそう思います。
ちょっと来年は同じ轍を踏まないように、SNSは自粛の方針で考えております。鍵アカウントも別に作りません。

その代わりにホームページのほうを頻繁に更新したり、ブログをきちんと更新しようかなーと思ってます。soundcloudは課金をしましたのでガシガシ音源をあげていきます。かきおろしのやつね。

twitterが特に揉め事の種なので、今後はやりません。なんか今年はいろいろと辞める年になりましたね。来年は何か楽しいことしたいです。

まぁ、そんな時があってもいいでしょう。それではまた。

2015年12月23日水曜日

NES FPGA feat.DE0 -Second Chapter-

購入しました。DE0 EXT-1です。差してあげて、NSF playerの作者さんに連絡。プログラムを書き換えていただき、FAT16でフォーマットしたSDカードを挿入。マニュアルに沿ってNSF playerをalteraボードに書き込みます。

P6つくろうブログ

こちらのサイトを参照いたしました。
電源投入。。。!

鳴りました!なったなった!なったよー!

APUのステレオ化と高音質化にはぴったりの環境です。本当に。
動画は年明けに公開しますねー。いろいろと曲作りたいです。

ひとまず鳴ってよかったw

2015年12月22日火曜日

拡張ボード購入しました。

以前ご紹介した、CQ出版のDE0 EXT-1なんですが、結局購入することにしました。
事情としては、界隈の流れ的に、自作とか改造とかいった単語をなるべく挟まない方向で考えたい為です。

DE0に移植なさったご本人は「最初からDE1使ってもらったほうがよかったかなぁ。」みたいなことをもらしていらっしゃいましたが、DE0は安いので、まぁ、悪くない投資と思っておきましょう。

場合によっては在庫切れしていることがありますので、要注意ください。気長に待ちましょう。
明日届きますので、また使用してみての感想とか書いておきます。

NSFができてるのがあるんですが、famicompo picoが終了次第、youtubeにて公開いたします。動画を待たれよ。今回は実機版も作る予定です。FPGAも実機ではありますが、TNS-HFC3との比較動画になります。

APUがほとんど何もしてない曲とかあるんですが、私も内蔵音源だけでかっこいい曲がかけるようになりたいもんです。。。
あ、春M3は結局申し込みました。このままいくとお誕生日席か壁になりそうな企画ですが。何を出すかはお楽しみに。

あと完全に余談ですが、Arch linuxでできないできないいってた日本語化入力をやっと可能にしました。これでroot権限でなくても文字が打てます。
最近はもっぱらlinuxばっかり使ってますね。NSFのプレーヤーも優秀なのはたくさんありますしね。

あと、余談の余談なんですが、やっぱりIRCのチャットシステムは便利ですね。海外的にも国内でも使っている人は使っているという感じで、非常に良いです。今使ってるNSFプレーヤーもちょっとIRCのチャンネルに入るだけで問題が解決することもあって、かなり重宝してます。

もうちょっとyoutubeへの動画投稿頻度はあげたいですね。ニコニコ動画もほどほどに。という感じで。

2015年12月18日金曜日

NES FPGA feat.DE0 -First Chapter-

以前より、ファミコンの実機再生というとテラネットワークシステムさんが界隈の常識だったんですが、ちょっと興味の沸いてきたのが高音質、ステレオ対応のこれ。

NES NSP Player fest. De01

結構音も良くて、ファミコン実機特有のノイジーさとは別ベクトルで可能性を感じました。
理由はいろいろとあるんですが、最近普通のCDもハイレゾにしてデータで頒布したり、売ればいいんじゃないかな?っていう素朴な疑問がありまして。特にChiptuneは高解像度の音が求められるジャンルな気もするので、なんとかこれで鳴らしてみたい!と思い立って数ヶ月がたち。。。


作者さまがホームページでDE0版を公開なさっていました!

NES on FPGA そんなべたなファミコンは嫌だ!

やっばい!欲しい!買う!めう!!!と思って調べてみましたが。。。現在日本の通常ルートの入手にはめっちゃ時間かかるみたいですね。。。

Digikeyが安いときいたんですが、ここは本家からw
Altera DE0 Board


ちょっとお金を積んでみましたが、3日で届きました。佐川急便が配達先を間違えそうになって、サインを何故か変なところに書きましたが、未開封のものをゲット。

さてー。かいふー!!!
してみたんですが、付属のドキュメントにある通り音声出力がないので、作らないといけません。もしくは買おうかなーって相談してみたんですが。。。

DE0-Ext 拡張ボード
高い上に、仕様が公開されてません。よくわからず。。。ピンのアサインは自由に設定できるみたいなので、付属のドキュメントにそった形で作ってみます。

DE0-CV向けオーディオ・アダプタの製作
に沿って作ります。。。

続きます。

2015年12月13日日曜日

Arch Linux つまみ食いインストール

Arch Linux導入しました。



youtubeのこの動画が一番導入はわかりやすかったです。
How to install Arch Linux
情報がちょっと古いのでこのサイトで補完しつつ。
Arch Linux から Xfce 快適環境を構築するまで


wifi-menuが使えないのは困るので、途中で設定が必要ですね。。。w


xfce4に関してはこちらで補完。
普段使いのArch Linux


最後にメインになる音環境を整えます。
ArchLinux サウンド設定 (ALSA)

ppmckDeaDBeeFを入れて。。。


鳴りました!やった!w

現在絶賛famicompo pico 2015開催中ですw←

2015年12月3日木曜日

N163の波形データ編集ツールについて

杉さん

とやりとりしていたら面白いものを見つけたのでシェアw

N163の波形データを編集するツールがありました。使うのはAudacity。

詳細はこちら(英文)

Audacityのバージョンは1.3以降です。
N163.ny(詳細はこちら)をProgram Files→Audacity→Plugins
にぶち込みます。

Audacityを立ち上げて、右上の解析からManageを選択。N163のツールを有効化します。
すると波形を入れて解析を押すと
「N163/FDS waveform」
が表示されますのでお好みで。

噂によるとティンパニーとか作れるらしいですよ。すんばら。