2015年11月18日水曜日

ThinkPadX220

知り合いに「何台パソコン買うだ?」と聞かれました。おはようございます。ranaです。

スティックPCがちょっと独特が感じだったので売りました。Ubuntuにもなれない感じでしたが、パーティーションがSDカード扱いになっていてさっぱりわからず。マウントとかもさっぱりわからなくて、諦めてしまいました。まだまだ可能性の段階ですね。あれは。。

そして買いました。ThinkPadXシリーズ。X220です。X201の後に買いました。最高です。


X201がグラフィックボードを積んでいなかった為、画像処理に満足がいかず、ゲームもダメで、X220もちょっと疑っていましたが、秋葉原のお店に行った時に店員さんがX220を使っていて、触らせてもらって改めていいなって思って買いました。二万を切ってます。

みんなMac使ってて、私もそうするべきかなってずっと音楽に関しては思っていたんですけど、もうそういう時代でもないかなって。確かにいいかもしれないですけど、私にはいい出会いがありませんでした。いい思い出もありません。

シリコンバレーではみんな気持ち悪いほどMacを使っていると噂を聞きます。そして地元でも使っている人は多いです。私はなんか違うなって。お金持ちでもないですし、何より許せないのがキータッチでした。ダメでした。Macのキータッチは。

基本的にはHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)を使っています。今回はX220でブログを書いていますが、HHKBは一度触って満足してしまうと戻れない世界でした。世界最高峰のキータッチ。

使っているキーボードは以前知人の自宅で触らせてもらったことがありました。所見でHHKB Pro2無刻印のUS配列の墨をカタカタと打ち始め。それがMacのUS配列設定だったのでドン引きされていました。後でネットで調べて値段を見て自分自身で驚いた記憶があります。

もう一目惚れで買いました。HHKBは箱はボロボロですが、今はパソコンのタイピング速度がはやいと本当に満足できる時代ですから、工夫して早く正確に心地よく打てるように日々訓練しています。


話がHHKBの話になってしまいましたw

ThinkPad X220ですが久しぶりに触ったXシリーズで、タイピングとマウスポインターの感覚。これで最高だなと思っています。しばらくはWindows7 64bitが使える状態ですね。ちょっとマウスパッドが邪魔なので殺して本格的に昔のThinkPadみたいな感じでポインターで作業するようにしていこうと思います。


パソコントークは楽しい。またします。


今日のオススメ動画
Typing test (NEC,KFRFEB212D)

0 件のコメント:

コメントを投稿