2014年12月30日火曜日

Windows Phone 8 レビュー

どうも、こんばんは。

IS12Tの頃からのWindowsPhoneユーザーです。スペックとかハード面でのレビューはほかの方に劣るので、それ以外のレビューを。


先日秋葉原でNokia のLumia636をゲットしました。お値段22,800円(税込み)。これでSIMフリー。SIMはmicroSIMです。その足でヨドバシカメラに行って渡航者用のSIMを5000円で買いました。So-netの3GBもしくは60日どちらかを満たしたら契約終了。必要に応じて課金することで容量や日数を増やせます。


結論。

やっぱりiPhoneは金持ちの文化。そしてそれが許される日本は豊かな国です。

Windows Phoneはハード面や「そもそもなんで日本語に対応してるのw」みたいな細かいところまでほかの国の人を呼ぼうっていう姿勢があります。iPhoneやAppleの製品は逆ですよね。ほかは呼びますが、純正品以外ははじきます。

試してはいないんですが、音楽データやその他写真などはmicroSDに保存できます。最小限の認証は必要みたいですが、これはもしかしてもしかすると?とも思いました。後はお察しください。

そもそも、何故Windows Phoneに手を出したかといえばMVNOを使って通信費を抑える為です。お金持ちならこんなことはしませんよね。ガラケーでキャリアメールと電話を持っておけば最低限のことはできますし、auのX-rayなので通信速度も遅くない。いざという時もばっちりです。(実際震災の時に大活躍だったのはこいつだったりしましたし。)

ガラケーとMVNOの2480円(税抜き)でどこまで安くできるか、これが勝負です。ガラケーのほうはプランEシンプルというのがあって、メールだけ使っていれば通信料はかかりません。twitterのタイムラインは見れないけれど、初期設定さえすればyubitterのメール投稿機能で最低限の投稿は可能です。

MVNOのほうはクレジットカードが必要なので、なんとも言えませんが、Windows Phone8のLumia636は音楽の同期がWindows Media Playerで出来たので、まだ使おうかなという気になりました。Windows Phone7時代のZuneは本当に苦痛で、あれが嫌だったのでiPhoneに変えたくらいだったからです。基本的にガラケーではできないこと、LINEとかFacebookとかtwitterのTL追ったりとか。etcはこちらのWindows Phoneを使おうと思います。

ひとまずは借金があるので、それを返すまではiPhoneは我慢ですね。多少の利便性は捨てて、端末に身体をセッティングする感じでいこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿