2014年8月26日火曜日

ファミコンテレビ(sharp C1)が入院するまで

先日知人ヅテにファミコンテレビ、sharp C1をゲットしました。中古16万の品。


ファミコンタイトラーを持っていたので、C1どんなんだろう?と思って電源をとうn…?
電源が入らない!
残念ながら通電はしているものの、電源は入らないようでした。



そこから一応二週間ほどおいて、分解。といっても裏のネジをはずして様子をみただけです。うん、わからん。
ネットで記事を漁るとブラウン管を解体しなければならないらしい!そしてブラウン管テレビには高圧電流が流れてる為、人が死ぬ可能性がある!とのこと。怖い。。。


片一方でブラウン管の修理をやっている会社さんを探すことに。
たまたま、高圧電流の抜き方を紹介していたサイトさんが、アーケードゲームの基盤を修理したりしているらしい。ほうほう。
そして、どうやらブラウン管もちょっと値段は張るけど、修理してくれるところらしい。ほうほう!


ファミコンテレビはどうかしら?と淡い期待を抱きつつTEL。


まずはファミコンテレビについて説明するところからはじまりまして、ちょっと不安があったんですが、最終的に「コンデンサーも60個くらい変えないといけないですね。でも全部で1万4000円くらい見といてもらえれば9割直せますよ。」とのご回答。

心 強 す ぎ る w


早速入院の手配をして、さっき送ってきました。

直らなかったら業者さんが悪いことになっちゃうので、直って帰ってきたらアフターレポを書いておきます。栃木の業者さんですよ!



追記
こちらのブログの記事がよくヒットするようなので。

有限会社京浜サービス

という業者さんです。ナイスジョブでした。またお世話になります!

追記の追記
3年の時を経てまたお世話になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿